sokoloff text
online russian textbook

 メルマガやってます!
 是非登録して下さい。

メルマガページ


指示代名詞

sponsored link

ЭТОТ

этотは [この]、[その] という意味を表し、後に続く名詞の・数に応じて変化します。
同じ指示代名詞のэтоとは違った使われ方をします。
また、этотは近いものを指すのに対して、тотは遠いものを指します。

 男性  女性  中性  複数
 この  этот  эта  это  эти
 あの/その  тот  та  то  те

этотэтоの比較

Этот(тот) журнал мой. Это мой журнал.
 この(あの)雑誌は私のです。  これはわたしの雑誌です。
Эта(та) книга твоя. Это твоя книга.
 この(あの)本は君のです。  これは君の本です。
Это(то) платье её. Это её платье.
 この(あの)ワンピースは彼女のです。  これは彼女のワンピースです。
Эти(те) часы его. Это его часы.
 この(あの)時計は彼のです。  これは彼の時計です。

☆  上の“этотとэтоの比較”からもわかるようにэтоは変化させる必要はありませんので大変使いやすい言葉です。
一方этотはより特定したものを指す場合に使います。

– Это ваш учебник?  これはあなたの教科書ですか?
– Тот учебник?  その教科書ですか?
– Да, этот учебник.  はい、この教科書です。
– Да, это мой учебник.  ええ、それは私の教科書です。

#


чейは 「誰の?」 という意味の疑問詞で、対象となる単語の性・数に応じて変化します。

 男性
 女性
 中性
 複数

 誰の
 чей
 чья
 чьё
 чьи

*чейの語末の変化は所有代名詞のмой, твойの変化とまったくと同じです。

 Чей это словарь?
この辞書は誰のですか?

 Это мой словарь.
これは私の辞書です。

 Чья это тетрадь?
このノートは誰のですか?

 Это моя тетрадь.
これは私のノートです。

[iwrtooltip title="ЧейでもКтоでもЧтоでも同じですが、疑問視は基本的に文章の一番前に置くと覚えておいてください。"]( ━@Д@)[/iwrtooltip]

Previous Entry

ロシア語では文中の名詞と他の語との関係を表すのに、日本語のように「~は、~に、~を・・・」などの助詞は使わずに名詞そのものを変化させて他の語との関係を表します。この変化のことを格変化と呼び名詞は文中の役割に応じて格変化します。
ロシア語には6つの格があり。格変化をするものには名詞以外に代名詞、形容詞、数詞があります。格変化の型は性と語尾の硬軟によって定まります。

 主な機能
 基本的な意味

 主格
 主語
 ~は(が)

 生格
 所有、帰属
 ~の

 与格
 間接目的語
 ~に

 対格
 直接目的語
 ~を

 造格
 手段、道具
 ~で、~を用いて

 前置格
 必ず前置詞を伴う
 (前置詞の意味による)

 主格
 Я врач.
 私は医者です。

 Врач работает.
 医者は働いています。

 生格
 Это книга врача.
 これは医者の本です。

 与格
 Он звонит врачу.
 彼は医者に電話しています。

 対格
 Я знаю врача.
 私は医者を知っています。

 造格
 Он работает врачом.
 彼は医者として働いています。

 前置格
 Он говорит о враче.
 彼は医者について話しています。

上記の例は男性名詞 “врач”(医者)の単数での格変化です。格変化は一様でなく性・数によってそれぞれ違った変化をします。
この変化を覚えることがロシア語学習での一つの壁になるでしょう。
しかし、覚えてしまえば逆にそれまでは難しいと思っていた格変化があるほうが話しやすいと思う時が来るはずです。
それまではВЕРА(信念)をもってがんばりましょう!
#

Next Entry


Dictionary
  • dictionary
  • словарь
  • English Russian Dictionary

Double click on any word on the page or type a word:

Powered by dictionarist.com
content protection is powered by http://jaspreetchahal.org