235

Рандеву
Зазвонил телефон.
- Алло, - прошептала она.
- Виктория, это я. Давай встретимся у причала в полночь.
- Хорошо, дорогой.
- И пожалуйста, не забудь захватить с собой бутылочку шампанского, - сказал он.
- Не забуду, дорогой. Я хочу быть с тобой сегодня ночью.
- Поторопись, мне некогда ждать! - сказал он и повесил трубку.
Она вздохнула, затем улыбнулась.
- Интересно, кто это, - сказала она.
Николь Ведд

ランデブー
電話が鳴りました。
- こんにちは - 彼女はささやきました。
- ビクトリア、私だよ。真夜中に桟橋で会いましょう。
- オーケー、あなた。
- シャンパンのボトルを持ってくることを忘れないようにね。 - 彼は言いました。
- 忘れないわ。私は今夜あなたと一緒にいたいの。
- 急いでね、私は待っていられないよ! - 彼はそう言って、電話を切りました。
彼女はため息をつき、そして、微笑みました。
- 面白いわね、誰なのかしら。 - 彼女は言いました。
ニコール・ウェド

причал